自分に正直に生きているのか?

辛く、大変で、悲しいことばかりではなく

許されていて、自由で、愛がある世界がある。

 

 

 

この世には楽園って場所が絶対にあると信じていた。

 

 

 

そして、実際にそこへ入るためにありとあらゆるゲートをくぐってみたのだ。

 

 

 

このブログは実話に元ずいたそんなお話……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話はてんこ盛りなので

今ここ

楽園に入った今から

過去へ行ったり、未来へ行ったり

はたまた

多次元の領域へゲートをくぐります。

 

 

 

今日は、今の自分の状態を確認していました。

 

 

 

え?!これって自分に正直なのかな?

そう思いました。

 

 

 

それは、身体に流れる自分のエネルギー状態が

嫌悪感を帯びていて、気持ち悪!だったからです。

 

 

 

普通はね、この気持ち悪さが出ると

何か気晴らしをしたりして

無かったことにすると思うんです。

 

 

 

でも、そこに向き合ってみました。

その気持ち悪!なエネルギーに近寄り、触ったり、撫でたり。w

 

 

 

触りごこちも悪!笑

 

 

 

触りまくってついに暴いた

この正体はなんと

過去から持ち越してきた

未浄化の感情のエネルギー!

 

 

 

このエネルギーは本当に不快感なんですが

だからと言って、蓋をして閉じ込めてはいけません。

 

 

 

外へ出たいから

嫌悪感として

お知らせしてくれています。

 

 

 

なので、ここへ愛の柱(神のダイナミックな特性)

を通して外へ出してあげます。

 

 

 

そして、気がついたことがもう一つ。

 

 

 

嫌なエネルギーの裏や隣には

必ず本当の自分(中核)のエネルギーがありますので

嫌なエネルギーが出てきた場合は

スッとそちらへ入ってください。

 

 

 

ここがオアシスです。

そう、楽園です。

 

 

楽園は自由なんです。

 

 

それは

正直にさせてあげる

自由があるから。

 

 

 

 

 

正直って

何にもとわられていなくて

潔白なんですね。

 

 

だから、自由だし

正々堂々としていられる。

誰にも気を使うことなどない。

 

 

心地よさ

なんですね。

 

 

何にしょうじきなるかって?

他人ではなく、親でも子供でもなく。

 

 

自分にです。

 

 

ではまた♡

楽園へようこそ♡

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です