生イチジク

最近私が言うとエロいとか言われるんですけど。

「生イチジク」エロいですか?笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

禁断の果実と書いてありましたが。

その辺は興味深いです。

ま、とりあえず禁断の果実を食べたイヴは正しかったと思います。

私だったら、ダメと言われたら絶対やりますから。

 

 

そんなイチジクをオーガニックショップで見つけました。

一瞬!「食べたい!!」

となって

4個で980円のラベル見て

高いかもと思い。

お店一周して

考えて。

結構ずっと考えて

 

 

カゴに入れていたレンコンと比べた。

 

 

そしたら、レンコンなんか食べたいわけではなく。

よだれが出るほど食べたいのはイチジクだった。

 

 

再度、身体に確認。

「楽園で食べたいのはイチジク?」

って聞いたら

「今食べなきゃ後悔するよ」

と言ってきたのでお買い上げとなりました。

 

 

帰る途中。

いつも、いつも家族のご飯や食べ物のことばかり考えている自分に悲しくなりました。

馬鹿クサっ!

 

 

禁断の果実だから?

イチジクの魔法にかかった?

 

 

私を満たしてくれる食べ物。

イチジク。

多分お腹を満たすんじゃない

気持ちを満たしてくれるんだ。

そう思った。

 

 

 

世のため、ひとのために働きなさいと教えられて生きて来た。

自分の気持ちなんかどこにあるのかすら教えてもらえなかった。

 

 

だから

家族のために立派なご飯を用意するのが当たり前だと思っていた。

 

 

家族のみんなは

私に食べるななどは言うわけがないけれど

私の意識が、そうだったんだ。

 

 

私は我慢。

私は食べなくていいから。

私は、ダイエット。

私の果物は…….無い。

 

 

何が言いたいかと言うと

人は何のために生きているのか?

お前を満たしたいためだよ

お前のアソコを満たしたいんだよ

って言われてるんですよ。

体の奥深く

楽園から….。

 

 

 

あーあ

また見つけちゃった。

私のオアシス♡

 

 

今日は生イチジクを一人で堪能します。

 

 

これは、私へのギフト。

禁断の果実。

 

 

いただきます♡

 

 

今日も楽園へようこそ♡

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です