遠隔ヒーリング

 

 

 

 

 

 

 

実は、楽園に入るための

とっておきのツールがあります。

それは園長が自分自信を実験台に習得したエネルギーワークです。

プロフィールにも記載していますが

ピンクの光が降りてきてから

エネルギーワークの修行に入りました。

習得するのに4、5年かかりました。

習得というよりも、人類は後退して今があるのだから

思い出す工程です。

それも沢山の人に助けてもらいながら。

これは後々アップしようと思います。

 

 

最初は、臨床心理学の資格を取ろうと思いましたが、

 

 

自分の可能性、

純粋なエネルギーワークのみ

の習得に集中したいとの

気持ちが湧き上がり

 

 

「自信」を試して見るという道に挑戦することにしました。

 

 

それはきっと決めてきてるんだよね。

なんとなく感じる医者だった過去世あると思うんだ。

自分の性格のストイックさ、こだわり、完成度の高さを気にすること。

真実をとことん追求する信念。

 

 

今回は資格なしでいきたい。

と思いました。

 

 

なので、以前はサロンを運営していました。

CREAという雑誌にも掲載されていましたよー。

そこで、多くの人の

ライトボディ覚醒、統合、ヒーリング、瞑想会、糸かけ曼荼羅wsを開催していました。

 

 

今は、また新しい展開。

そう

楽園を創立しました。

今はまだ、このブログだけですがね。

それでも、今日も遠隔ヒーリングのセッションをさせていただきました。

 

 

メニューは後々アップしますので

お楽しみに。

 

 

 

 

本日のセッション内容を少しだけ♫

 

 

高次元から

「枠」を外しなさい。

「古いエネルギー」の解放。

 

 

自分のエネルギー体の影がある部分に光を投射する。

 

 

それによって

瞬時に、望む実現を作り出すことができる。

とのことです。

 

 

詳しく説明すると

エネルギー体に「影」があるということは

100%の自分になりきれていない状態ということですね。

本来100%の自分であることが「自分」というものですね。

 

 

しかし、過去に背負ってしまった

観念や、罪悪感や怒り、悲しみ、嫉妬など。

これらの影の影響で、90%とか60%とかの自分になってしまうのですね。

 

 

例えば、この影の影響で怒りが出た場合の

発する波動は大変低いものです。

 

 

みんな怒りはあります。

悲しみもあります。

 

 

だから、影があります。

 

 

できれば、蓋をして光をさえぎり

影をつくるのではなく。

 

 

見通しよく、風通しよく、蓋を開いていれば

怒りも、悲しみも、そこから出て行ってくれます。

そうやって荒いエネルギーを解放することができるのです。

意識次第でできることです。

 

 

そうして、私たちは波動を上げ光に満たされ、輝きが増し

いち早く、望む現実をつくりだすことができるようになるのです。

 

 

それは

100%の可能性であり

何より

楽しみを見つけること

につながるんですよね。

 

 

毎日

楽しみたいじゃないですか??

楽園のような毎日♡

え?私だけ??笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エネルギーワークの

練習会などのメニューもアップしていくのでお楽しみに。

 

 

本日も

楽園にお越しいただきありがとうございます。

では。

 

0

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です