奥底に眠る寂しさ

新月パワフル過ぎた。

 

 

皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか?

 

 

私はですね

ヤラレタ感いっぱいでした。

 

 

新月終わる頃には

統合のエネルギーが溢れ出ており

調子が良いと思っていた矢先

旦那が遠征から帰ってきて

それからですね。

 

 

寂しいなんてことは普段から

普通に口にしているつもりでした。

 

 

でも、今回は

腹の底から寂しかったという思いが出てきて。

 

 

いつもの寂しいが上っ面だとしか思えなかったのですね。

 

 

その、根底に流れる寂しさというのは

溶岩のようなイメージで

まったりと、重厚などろ〜っとした動きで

 

 

それが、ゆっくりと爆発したという表現!w

スローモーションで寂しかった ドカン!

これは過去から引き継いできた眠れる森の美女。

それくらい古いものだしパンドラの匣。

 

 

それに、感じていると次第に

落ち着きを取り戻し

潤いにまみれているような

ちょっぴり切ない心地よさに。

それにまみれてみると、気づきました。

あーもうお手上げ、諦めた。

 

 

 

自分からは逃げられないんだ。

そう思いました。

 

 

寂しさを何かに置き換えたり

満たそうとしたりはできない。

 

 

寂しさはただ

寂しさにまみれる

ものなのだ。

 

 

どうにかしたい。

早くどうにかしなきゃ。

 

 

そうするよりも

寂しかったんだねって

寂しさを許してあげて受け入れるべき。

 

 

だから、

根底に流れる

寂しい、悲しい、虚しい、みじめ、嫉妬

これらをしっかり抱きしめてあげることができれば

 

 

無意識に引き起こしてしまう

引き寄せがなくなるから

意図的にしっかりとした

引き寄せになるから

幸せになることにも確信を得られるんだよね。

 

 

寂しいから→友達をつくる

なのか

友達が欲しいから→友達を作る

なのか

 

 

無意識に働きかけてしまう影響は大きいものなのです。

 

 

 

 

 

0

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です