で?!本当はどうしたいの??

で?!本当はどうしたいの??

って書籍が本屋さんで並べられてるのをみたよ。

読んではいないけど。

 

 

ほんと。

で?!本当はどうしたいの??

なんだよね。

 

 

それを辿っていけば

いいんだよね♩

 

 

気をつけなければいけないのは思考。

 

 

心では「こうしたい」ってあるのに

頭では「でもさー」ってもみ消してしまうんだよね。

 

 

心のいうとおりにしたら

↗︎

こっちの道へ

思考のいうとおりにしたら

↖︎

こっちの道へ。

 

 

どっちの道へ行きたい??

心からの導きか

思考からの導きか?

 

 

ってぐらい、心と思考はかけ離れている。

 

 

いつかの先人は

人間は「頭から心まで行く距離が一番遠い」

とおっしゃっていました。

 

 

で?!本当はどうしたいか??

正直になればいいんだよね。

欲しいものは欲しい。でも違うかな?って

疑う必要はないよ。

 

 

欲しいけど、でもーって思うくらいなら

そんなに欲しくなかったり。

 

 

人間ってとても興味深いよね。

 

 

じゃ、思考とハートと魂を繋いで

話し合えばいいのではないかな??

 

 

魂は、大きく見守っているイメージ

ハートはワクワクを感じることだから

本望に従えばワクワクするよね。

思考は最終的な多少の判断的要素なんで

思考を使うのは最後なんですね。

 

 

感じる能力を上げること。

直感を信じること。

 

 

今こう感じてる

って自分の世界を創り上げているわけだから

誰とも競うことはないしね。

 

 

なんかさ、わたしもあるの。

変な観念が。

ヒーラーだから贅沢してはならない。

ヒーラーだからフェラーリに乗ってはいけない。

みたいな。

 

でもさ、体の中から

フェラーリが出てくるんですよ。

そして考えるだけでも気持ちいいの。

これって、自分のエネルギーと

フェラーリのエネルギーがリンクしておこる作用に感じるんだけど。

思考はさ、これを否定するの。

気持ちいいをダメだっていうの。

これって、体罰??って思うよ。

 

思考は使い方によるんだよね。本当に。

 

で、フェラーリのエネルギーとリンクして盛り上がった後に

思考がそっと…

どおだった?って聞いてくれるの。

そうやって感情とエネルギーの反応を

思考が潤滑油のように繋げてくれて

一つにまとめた答えをだすの。

 

「わたしの中には尊き自分の姿があった」と。

 

それを感じて、自尊心が高まるんです。

 

「尊きわたしのお身体を運ぶにはフェラーリがお似合いです」

というデーターが導きだされるんですね。

 

本当にフェラーリ(リがちっちゃくなった。笑)

に乗るのかは、わかりませんが、私という存在は間違いなく高まりました。

 

それでいいのです。

 

気分がいいわけだし。

自分の宇宙のご機嫌がよろしいわけですから。

 

しかも、深い領域で納得しているから

ん??違うかもっていう思考の入ってくる隙間がない。

 

ってことは

明確なヴィジョンが見えたわけだから

外側に起こる展開もそうなっていく。

 

これが願望実現のプロセスですよね。

 

 

呼吸して。

気分良くして。

 

あなたがあなたでいることが

わたしも周りも気持ちいいのです。

 

 

※本当にエネルギーとして出てきたフェラーリを使って

エネルギーの使い方を表現しました。

 

 

セッションはこちら

楽園menu

 

 

0

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です