悟りの正体

悟りって

修行僧とかヨギーニとか

特別な人がなれるもののように

感じている人も多いのでしょうか??

 

実は全然、そうじゃなくって

風俗嬢、ヤクザ、医者、道路工事のおっさんが

普通に悟っている場合も多いのです。

 

悟りって

座禅して行き着くものではないし

師匠に教わるものではなくって

 

いかに日常を生きたかなんですね。

 

悟りの正体とは

自分と自分の距離のこと。

 

自分に出会うということ。

 

へ?これが悟りだったの?ということ。

なんですね。笑

 

 

悟りのプロセスを説明してみると。。。

 

 

自分と自分の距離が段々近づいてきて

最後に、自分とご対面します。

その時の感動ったらありゃしないです。

で、大体すっごいところに隠れています、自分。

死体の山に埋もれていたりね。

それ見つけると

統合が起きるのだけど

その時に、へ?!これが悟りなの?って思います。

 

これが悟りです。

 

簡単に行ける人は

ある意味人生諦めていて

エゴをすぐ手放せる人。

こだわりのない人だと思います。

 

おそらく、どんな凄い仙人であろうと。

悟りは日常にあるし、目の前にある。と言うと思います。

 

なぜなら人生自体が修行の道だからです。

 

悟ったからって

修行僧のようにならなきゃならないわけでもなく。

ただ、今あることが自由に感じるだけで

お金儲けしたらダメとか、こうしなきゃいけないとかはなくって。

やり方は自由なんです。

 

自分を生きてたら悟っちゃった。って感じなのかな。

 

愛を自由に感じられるたり、真実を見抜く目を養えたり。

 

無駄がなくなるって感じがします。

 

悟りに関しては

まだまだ奥が深いし

肉体が死ぬまで続くと思うので

これからも楽しんでいこうと思います。

 

悟りとは、自分との距離

のことです。

 

悟りたい人を応援↓

楽園menu

 

 

0

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です